実際に探している人が無事に見つかったケース

実際に探している人が無事に見つかったケース

実際に探している人が、無事に見つかったケースについて、本サイトに寄せていただいた口コミをまとめ、いくつかご紹介していくことにしましょう。

 

1.長年連絡をとっていなかった、同級生を探すことができたという成功例です。

この時に活用したのは、SNSだったそうです。
SNSによっては、卒業した学校名を登録することができたり、本名から検索することができるケースがあります。
探したい人の名前で検索をしても、見つからなかったものの、他の同級生とつながる事が出来、
最終的にそのつながりから探していた人も見つけることができました。

 

2.次は音信不通となった家族を探すことに成功した例です。

この方の場合、全国各地を転々としており、いつの間にか音信不通となってしまった兄弟を見つけることができたケースなのですが、
警察に捜索願を出すまでの事でもないと考え、どうしたら良いのか悩んでいたところ、
戸籍の附表謄本をから探す方法を見つけたそうです。

 

附表謄本とは、生涯の住所履歴を見ることができるもので、そこに記載されていた住所から、
現在の居住先を見つけることができました。
非常にレアなケースではありますが、人探しの1つの方法として抑えておきたいものです。

 

3.最後にご紹介するのは、海外へ移住した家族を探すことができたケースです。

国際結婚や、仕事の都合上、海外へ引っ越してしまった場合、連絡先を知っていればすぐに連絡を取ることが
できますが、家族の人間関係が複雑な場合、連絡先が分からないことがあります。
日本国内であれば、身内を辿って調べることができたり、知り合いを通して居場所を突き止めることもできますが、
海外となるとそう簡単にはいかないでしょう。

 

今回のケースは、海外の人探しに強い探偵事務所に依頼することにより、見つけることができました。
海外といっても、国や地域によっては、探すことが困難なこともあります。

 

そのため、必ずしも見つかる保証はありませんが、探偵事務所によっては、海外の特定の地域に
精通していることがありますので、調査を依頼することにより探し出すことができるケースが多々あるのです。

 

この他にも、人探しの成功例は多数存在しますので、自分に近いケースを色々と参考にしてみると良いでしょう。

 

探偵事務所の無料電話相談で現状を話せば、過去の似たような事例と照らし合わせてどれくらい見つかる確率があるか、見当をつけてくれるでしょう。

人探しおすすめ


このページの先頭へ戻る