【人探し】金銭トラブルで失踪した人を探す方法

【人探し】金銭トラブルからの失踪

金銭トラブル

人探しの中で多いのは、家族やパートナーの家出・失踪に伴う依頼ですが、続いて多いのが金銭トラブルの相手を探して欲しいというものです。

特に、身内やパートナー、友人間と言った個人間での金銭のトラブルが多く、
  • 保証人になって欲しいと懇願され保証人になったけれど返済せずにいなくなってしまった
  • 友人にお金を貸したけれど返してくれず何処かに行ってしまった
という依頼が近年多発しています。

信頼関係において、保証人になったり大金を貸すことを了承するのですから、そういった相手に裏切られるということは大変悲しく残念なことですが、「騙された。悔しい」と言って終われる話ではありませんよね。

しかし、金銭トラブルでの人探しに警察は介入できません。では、一体どうすればいいのでしょうか?
ここでは、そんな時に役立つ情報をご説明していきましょう。

金銭トラブルの場合「借用書」の有無が明暗を分ける!


まず、お金を貸すときに「借用書」をきちんと書いているかが、金銭トラブルの問題が解決するかどうかの明暗を分けます。
人探しをする際に、そこに記載されている情報や書類が大きな手がかりになるでしょう。
また、もし相手が見つかったとしても、「お金なんか借りていない」とシラを切られてしまうと、それを証明するのは難しいです。

借用書として有効なのは、以下の事項が記載されたものです。
心配であれば文房具屋さんなどで「契約書式」の「金銭借用証書」や「公正証書作成委任状つきの金銭消費賃借契約証書」を購入するのがおすすめです。
借用書に記載する基本事項・必要な書類等
必須事項 あればさらに信用が高まるもの
  • 冒頭には「借用書」と明記する
  • 作成した年月日
  • 貸主・借主・連帯保証人の氏名住所をそれぞれが記入の上、捺印する
  • 元金を返済する期日の日付

  • 利息についての取り決め
  • 印紙を貼った上で、割印したもの
  • 借主の印鑑証明や運転免許証のコピー
  • 公正証書作成のための委任状

住民票もしくは住民基本台帳で現住所を確かめられる


金銭がらみで失踪される方は、大別すると夜逃げと自殺の可能性をもってますが、
家族で失踪した場合は、夜逃げであることが殆どですし、
子供が義務教育中であれば、転居先で子供を学校に通わせなくてはならないので住民票の移転を行うはずです。

住民票の写しを取り寄せるのは親族でなくてはできませんが、
住民基本台帳であれば、第三者であっても理由とそれを証明する書類等を持っていれば誰でも閲覧することができます。
賃貸契約書や借用書・公正証書などを証明書として、裁判など公的措置を取るためという理由で閲覧申請をすれば、閲覧出来ますので居場所を特定することも難しい話ではありません。
☆住民基本台帳での人探しについてはこちらの記事でも詳しくご説明しています
>>住民基本台帳を活用した人探し方法・注意点

債務者本人を探すか協力者を探すか


借用書などしっかりとした金銭の貸し借りと返還の約束が証明できる証拠があるのであれば、今すぐ探偵に相談してみて良いでしょう。
しかし、そのほかにも協力者を探すのもおすすめです。

身内や親しい仲での金銭トラブルの場合、借用書を用意していないケースも多く見受けられます。
その場合は再会しても話をうやむやにされたり、時には相手に開き直られるということも珍しくありません。
さらに、法律の知識もないまま自力でお金を取り戻そうと必死になるあまり、度が過ぎてしまうと脅しや恐喝とみなされ、自分が不利な立場になる可能性すらあります。

そのような場合は、他に同一人物に金を貸していた人がいないか、友人知人などを介して探してみることをおすすめします。
夜逃げしてしまったり、行方をくらますほどの人物であれば、必ず他にも被害者が存在します。

そういった人たちを集めて集団訴訟を起こすのも良いですし、中には借用書やきちんとした証拠を持っている方もいらっしゃるかもしれません。
弁護士に相談するなどして、少しでも金額が返還されるよう被害者間でしっかり連携をとりましょう。

もし、協力してもらえそうな被害者がいるのはわかっても、現在の連絡先が掴めないようなら、探偵に相談してみるのが有効でしょう。

人探しおすすめ


このページの先頭へ戻る