【人探し方法】安全・確実な方法ならこれ!<警察・探偵事務所>

【人探し方法】安全・確実な方法ならこれ!<警察・探偵事務所>

安全な人探しの方法は、意外とたくさんありそうで、そこまで多くはないというのが現状です。
自力でも、人探しをすることはできますが、膨大な時間やお金がかかったり、身の危険を感じることもあるでしょう。
また、インターネットを活用すればすぐに見つかると考える人もいますが、そんなに簡単に見つかることはありません。
一刻を争う人探し、時間を無駄にしないためにもより確実な方法を探したいですよね。

では、安全・確実に人探しをするためには、どうしたら良いのでしょうか。
それは、警察に届け出を出す方法と、探偵事務所を利用する方法の2つに絞られてきます。

方法@:警察に捜索願の届出をする



まず、警察に届け出を出す方法についてですが、届け出とは捜索願のことです。
これまでは、捜索願は誰でも提出できるものではなく、保護者、配偶者、その他の親族、家出人を監護している人に限られていました。

しかし、平成22年4月1日に施行された法改正により、「家出人捜索願」が「行方不明者届」に名称が変更されました。
それに伴い、福祉事務所の職員、同居人、雇主や教職員など社会生活において密接な関係がある方であれば誰でも届出ることができるようになりました。
少しでも早い捜査開始に向けて、行方不明者の保護者や家族に代わって届出ることができるようになったのです。

実際に捜索願を出す際は、探している人物についての情報を書類に細かく記載します。
警察に捜索願届出(行方不明者届)を出すために必要なもの
提出者の情報 家出人の情報
  • 身分証明証
  • 印鑑

  • 家出人の名前
  • 住所・本籍地
  • 生年月日・年齢
  • 職業
  • 写真
  • いなくなった日時
  • 原因や動機
  • 薬物の使用歴・精神疾患の病歴
  • 体格や服装 など
その後、専用のシステムに情報が登録され、捜索することになるのですが、
緊急性がない場合は、すぐに捜索してもらえません。
巡回連絡、補導、犯罪捜査、交通取り締まりなどを通して、見つかるのをひたすら待つだけとなります。

ようするに、今すぐ見つけたい人には不向きということですね。
また、捜索届を出すことができない立場であれば、どうすることもできない状況となってしまいます。

方法A:探偵事務所に捜査を依頼する


そこで、もう1つの方法である、探偵事務所を利用する方法が役立つわけです。
探偵事務所であれば、事件性がある場合を除いて、調査人との関係性がそこまで問われることはありません。

探しのプロである探偵事務所なら調査力はもちろんのこと、全国のネットワーク網、長年培ってきたノウハウなど、決して素人がマネできない高い技術を持っています。
また、ほんの小さな物的証拠や、些細な情報からでも、調査人を探し出すことができるのが探偵の凄いところです。

ただし、長い時間が経過しており、物的証拠や情報が少ない場合は、優秀な探偵事務所であっても調査が困難を極めることはあります。
しかし、調査人がいなくなってから、まだ時間が経過していない場合は、早めに探偵に依頼することで、探している人を見つけることができる可能性が高くなるでしょう。

また、人探しは、探し始めるタイミングも重要です。
早ければ早いほど、見つかりやすくなりますので、確実性を高めるためにも、自力で探すことにこだわらずに早めにプロへ依頼するようにしましょう。

警察に捜索を依頼する場合とは違って、費用は発生しますが、実績のある探偵事務所に依頼すれば、
発見した後の依頼人への心のケア等アフターフォローも充実しているため安心です。

人探しおすすめ


このページの先頭へ戻る