もし自力で人探しをするなら…1日どんなスケジュール?

もし自力で人探しをするなら…1日どんなスケジュール?

お世話になった昔の恩師や初恋の人といった音信不通の人を探す場合において、1ヶ月で一体どれくらいの労力がかかるのかをスケジュール形式にまとめ、自力で人探しをする為のポイントを説明していましょう。

人探しの際の一日における主なスケジュールとは?


午前中から夕方までの明るい時間帯においては音信不通になった相手の友人や家族や知り合いなどへの聞き込み調査、夕方から夜にかけては、インタネットを使って毎日アクセスし、調べ続ける事だと考えます。
そこで、具体的なスケジュール例をまとめてみました。
自分で人探しをする際のイメージを固めるのにご参考頂ければと思います。

自力で人探し〜1日のスケジュール〜

・9:00〜12:00(午前中)

朝からお昼にかけては、音信不通になっている友人やその関係者への聞き取りや調査の時間に充てます。
朝から日中にかけての人探しは、明るい時間帯でもあり、発見しやすいものです。

・13:00〜16:00(午後)

お昼から午後にかけては、引き続き聞き取り調査です。
相手がよく行っていたとされる行きつけのお店や職場などを調べたり、音信不通になった相手が住んでいるとされている市役所に連絡をとり、管轄している市役所に出かけて、住民基本台帳などを申請して、相手の住所を調べたりします。

・17:00〜19:00(夜)

夕方から夜にかけては道も暗く、相手が発見されにくい時間帯と考えられす。
その為、無料掲示板やSNSやアプリなどで、相手を探している事を毎日根気強くアピールし、個人情報の流出には気を付けながら、相手を探し続けていく事が肝心です。

自力で音信不通の人を探すポイント!

自力で人探しをするポイントは、音信不通になった相手の友人や知り合いから以前の行動を聞き取り、調査してみる事が大切です。
また、音信不通になってから時間が経過すればするほど、相手に関する情報や記憶が曖昧になりますので、
早めにアクションをとり、見つけた情報はすぐにメモを残しておくと良いでしょう。
自力での人探しはかなりの労力がかかり、自力での調査に割く時間にも行動範囲や限界あるかと思われますが、
諦めず根気強く相手に関する確かな情報を収集していく事が相手を探し出す大きなポイントとなるでしょう。

人探しおすすめ


このページの先頭へ戻る