人探し方法ネット

【人探し方法】誰でもできる8つの方法を解説

人探しでお困りの方へ

  • 警察には相談できない…
  • できるだけ早く探し出したい
  • 今どうしているのかだけ知りたい
  • 相手に知られずに探したい
  • 人探しをしている事実を他人に知られたくない

初恋の人や昔の恩師・友人、家出や生き別れで消息がわからない家族など…あなたの探し人はどんな方ですか?
人探しの方法を知りたいと思う理由は人それぞれ、様々な事情がおありだと思います。

そこで当サイトでは9つの人探し方法や確実で安全な人探し方法、おすすめの探偵社などを詳しく解説していきます。
あなたが探している人を一日でも早く見つけるために、少しでもお役に立てれば幸いです。

一番安全・確実なのは「探偵」に人探しを依頼することです。
探偵ならあなたの存在を伏せたまま、独自の捜索方法で探し人を見つけ出してくれます。
>>おすすめの探偵社の紹介はこちら


人探しおすすめ




--・最新更新--



人探しの8つの方法を解説

人探しの6つの方法

まずは、人探しにはどのような方法があるのか見ていきましょう。

人探しというと、どうしても時間と労力、そしてお金がかかるというイメージがありますよね。
では、どうすれば効率的にあまり労力とお金をかけずに、探し出すことができるのでしょうか?
ここでは、それぞれの方法のメリット・デメリットも併せて紹介していきます。


警察に捜索願を出す人探し方法

警察

これは多くの人が真っ先に思いつく人探しの方法でしょう。
警察に行方不明者届を提出し、警察に人探しをおこなってもらう方法です。

以前は、警察に届けられる人は家出人の保護者、配偶者、親族、家出人の監護者のみと限られていました。
これは「行方不明者発見活動に関する規則」により、保護者・配偶者・血縁関係のある親族・監護人・施設管理者などと定められていたためです。
しかし、現在は規則が見直され、同居人や恋人、知人、勤務先の上司・雇用主、担当の教員や福祉関係職員の方など、社会生活において密接な関係があった方であれば届出ることができるようになっています。

また、行方不明者届を出すことができる場所は、
  1. 行方不明者が居住している住所を管轄している警察署もしくは交番
  2. 届け出を提出する人が居住している住所を管轄している警察署もしくは交番
のふたつです。
例えば、行方不明者が独身で、実家から遠く離れた場所に住んでいる場合でも、わざわざそこに出向かなくても、両親が実家の管轄警察署から届けを出すこともできるのです。

警察に届け出るメリット
  • 費用がかからない
  • 事件性が疑われる場合、本格的に捜索してくれる
警察に行方不明者届を提出する場合は費用はかかりません。
個人の意思で家出したケースなどはすぐに捜査に着手してくれないこともありますが、対象者のデータは記録されるので偶然見つかる、というようなこともあるかもしれません。
行方不明者届は出しておいて損はないでしょう。

また、認知症や精神疾患など自らの意思決定が難しい人や、誘拐や殺人事件に巻き込まれた可能性が高い場合は、すぐに警察に相談しましょう。
状況から事件性が疑われる場合は、警察も本格的に捜査をしてくれるでしょう。

警察に届け出るデメリット
  • 単なる行方不明者とみなされた場合、積極的に動いてくれない
  • 直近で深い関わりのない他人(旧友や恩師・初恋の人など)の場合は行方不明届を出せない
  • 事件性がないが行方が不明な身内(生き別れの親兄弟など)の場合は行方不明届を出せない
  • 行方不明者とは何らかの理由で、自らの意志で行方不明になった人を指します。
    基本的に、警察は行方不明者を積極的に捜索することはありません。
    パトロール中にたまたま見つかった場合、あなたに連絡が来ますが、本人に帰宅を促すことくらいでその人を強制的に連れ帰ることはできません。

    さらに、本人との関係性が薄い場合は行方不明者届を提出することはできません。
    そのような場合は、自力で探すか、探偵に依頼するようにしましょう。

    【まとめ】事件性がない場合、人探しに警察は頼れません
    初恋の人や昔の恩師・友人、生き別れの親兄弟などを探したければ、探偵に頼むか自分で探す以外方法はありません。
    一日でも早く見つけ出したいなら、探偵に依頼する方が確実です。

    探偵なら事件性の有無に関わらず、音信普通など単にいなくなってしまった人の捜索を幅広く受け付けてくれます。
    どんなに古い情報でも、探偵に提供すれば相手を見つけ出す手がかりになるかもしれません。
    自力での人探しに限界を感じたり、諦めたりする前にまずは相談することをおすすめします。
    >>おすすめの探偵社を見てみる




    探偵に依頼する人探し方法

    探偵に人探しを依頼する方法です。
    人探しのプロにいらいするのは非常に心強く、プロだからこそ最新の機材や情報ネットワークを活用しながら調査を行っていきます。
    なので、自力で人探しをするよりも必然的に調査力は探偵の方が高いでしょう。

    探偵を利用するメリット
    • 事件性のない人探しでも着手してくれる
    • 相談ができ精神的に安心できる
    • プロだからこその調査力
    事件性のない家族や昔懐かしい友人との再会などの依頼も引き受けてくれるのが探偵のメリット。
    警察では動いてくれなかったことでも探偵であれば、契約後すぐに着手してくれるでしょう。

    また、自力で人探しを行なっているとなかなか他人に相談できなかったことも、探偵になら相談しながら人探しを依頼できます。
    少しでも相談できるだけで、心がスッと軽くなった経験はありませんか?
    人探しは精神的にも辛いことや心配事が多いですが、自分に合う探偵社と一緒に解決していきましょう。

    探偵を利用するデメリット
    • 費用がかかる
    • 探偵選びが難しい
    探偵を利用するデメリットとしては「費用」でしょう。
    確かに安いものではありませんが、工夫次第で少しでも安くすることは可能でしょう。

    というのも、探偵の料金は依頼内容の難易度によって料金が変動します。
    予め分かっている事柄が多ければ、調査の手掛かりにもなりますし、それらについては調べる必要がなくなります。
    探偵の料金を少しでも下げるためには、「依頼の難易度を下げること」「なるべく多くの情報を探偵に渡すこと」が重要です。

    探偵を利用したことがある人はそこまで多くはないでしょう。
    なので、「どの探偵社に依頼すれば良いか分からない」という方は多いのではないでしょうか。
    料金を水増しするような悪徳業者に誤って依頼するようなことがないように、「各都道府県の公安委員会に認められた業者なのか」をまず確認するようにしましょう。
    探偵社の公式サイトに掲載がるところは悪徳業者である心配はいらないでしょう。

    【まとめ】人探しに探偵はおすすめ
    事件性のない人探しをしたい場合や、自力での人探しに限界を感じた場合は「探偵」に依頼するのがおすすめです。
    違法でなければ、どんな理由であれ基本的に依頼を受けてもらえるでしょう。

    「人探しのプロ」だけあってその調査力は非常に頼もしいものです。
    多くの探偵社が無料相談やカウンセリングを行なっているので、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。
    ページ後半には「おすすめの探偵社を5つ紹介していますので是非参考にしてみてくださいね。
    >>おすすめの探偵社はこちら



    SNS(facebook・mixi・twitter等)を利用する人探し方法

    SNS

    現代はネットが普及し、誰でも手軽に情報を入手・発信できるようになりました。
    そのため、人探しの手段としてSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用する人も少なくありません。

    代表的にSNSに以下のようなものがあり、各特徴をうまく活用すれば人探しに活かすことができるでしょう。


    facebook
    facebookは、自分の住所・氏名、出身地や出身学校を細かく登録しておくと、自分に関わりがありそうな人を自動的に選んで「友達ではないですか?」という通知を出してくれます。
    同じ学校の旧友や、友達の友達など、しばらく会っていない人や関係が少し遠い人などは、案外簡単に見つかるかもしれません
     
    twitter
    twitterは、実名で登録する必要がなく、誰でも簡単に始められるのが特徴です。
    文章を1回投稿するのに140文字以内という制限があるため、ブログやHPのURLを載せて投稿する必要があるでしょう。
    ただ、フォロワーと呼ばれる、あなたの投稿を常に見てくれる人をあらかじめ増やさねばなりません。

    mixi
    mixiも、自分の住所・氏名、出身地や出身学校、経歴や職業などを細かく設定しておくことができます。
    mixi同級生という機能があり、自分の出身学校を登録しておけば同じ学校を登録している人を探し出すことが可能です。
    また、「あなたの友人かも?」という欄には、共通の友人が多い人や知り合いの可能性が高い人が表示されます。
    他にも、探している人が参加していそうなコミュニティを覗いてみるなどして、地道に探すという方法もあります。

    SNSで人探しするメリット
    • 無料で気軽に利用することができる
    • SNSには、名前などから人を検索できる機能が備わっている
    SNSは誰でも無料でアカウントを作成することができます。
    そのため、気軽に始めることができる上、探し人本人もアカウントを持っている可能性が高いです。
    上手くアカウントを見つけられれば、DM(ダイレクトメール)で直接連絡を取れることも。

    SNSで人探しするデメリット
    • 情報の正確性が低い
    • 使い慣れていないと難しい
    • トラブルに巻き込まれる可能性がある
    • 情報を拡散するには自分の投稿が注目される必要がある
    SNSを使い慣れていない人がSNSで人探しをするのは少し難しいかもしれません。
    アップデートなどによって、使い勝手は丸っきり変更になることもあるので柔軟に使いこなせるようになると良いでしょう。

    また、SNSの欠点として、「情報は信ぴょう性や正確性が低い」ことが挙げられます。。
    得られた情報の中には「嘘」の情報も含まれることがあるので、すべてを信用するのはかなり危険です。

    特に、一番危険なのは「個人情報の取り扱い」。
    SNSでは情報の拡散力が大きい分、自分や探している人の個人情報を安易に流してしまうと、悪用されたり事件等のトラブルに巻き込まれる可能性もあるので気をつけましょう。
    また逆に、SNSに登録したばかりで繋がっている人が少ない状態では、なかなか思うように多くの人に情報を届けることはできません。

    【まとめ】SNSでの人探しはおすすめできません
    様々な情報が流れるSNSですが、全てが真実とは限らず、何が正しいかは自分で判断しなければなりません。
    また、自分や探し人の情報が悪用されるなどトラブルに発展したら、人探しどころではなくなってしまいます。

    しかし、探偵の人探しなら外部に個人情報が漏れることはありません。
    SNS上には載せられなかったより詳しい情報も探偵になら伝えられますし、手がかりになる情報が多い分発見できる確率も上がります。
    個人情報を守りつつ、確実に人探しを成功させたいなら、まずは探偵に無料相談をしてみるのがおすすめですよ。

    >>【相談無料の探偵事務所一覧】確実・安全な人探しはこちらをクリック

    確実・安心な人探し



    人探し掲示板を使う人探し方法

    掲示板

    インターネット上には、多数の掲示板が存在しています。
    探している人の情報(氏名、身体的特徴、探している理由など)を以下の例のように書込み、閲覧している人からの情報提供を求める方法です。

    2年前に連絡が取れなくなった友人を探しています。

    ○○○○(氏名)さんを探しています。
    2年前くらいまではよく電話や手紙で連絡を取り合っていましたが、些細なことでケンカをしてから連絡が取れなくなってしまいました。
    もし会えたら、あの時のことを謝りたいです。
    中肉中背でがっしりとしていましたが、たいへん色白だった印象があります。

    何か情報がありましたら、お知らせ下さい。

    詳細に書き込むのは氏名と特徴のみにしよう
    載せるのは氏名と特徴のみにして、詳細な住所・電話番号・メールアドレス・写真などを掲載するのはプライバシー保護の観点からもやめておきましょう。

    人探し掲示板のメリット
    • 不特定多数の人を対象に情報提供を呼びかけることができる
    • 無料でたくさんの情報を蓄積できる
    人探し掲示板を利用することで、不特定多数の人に情報提供を呼び掛けられのがメリットです。
    上手くいけば、重要な手掛かりとなる情報が得られる可能性があります。
    また、無料で利用できるので気軽に利用することができます。

    人探し掲示板のデメリット
    • 得られた情報がすべて信用できるものとは限らない
    • 過去の投稿はすぐに埋もれるように閲覧されなくなる
    • 知らないうちに違法行為をしている可能性がある
    人探し掲示板といっても、不特定多数の人が投稿できるネットの場なので、情報の信用性は高くはありません。
    そのため、得られた情報は正しいものなのかしっかり見極める必要があるでしょう。

    また、掲示板に投稿をしてからしばらく時間が経つと、投稿が最新のものに埋もれてしまうこともしばしば。
    そうなると、投稿自体なかなか多くの人にみてもらえないでしょう。定期的に投稿しなおすなど工夫が必要です。
    最後にネットだからこそ、必要以上に探し人に関する情報はプライバシー保護のため掲載しない方が良いでしょう。
    後々、情報を悪用されてしまったり、無断で個人情報を書かれてしまった探し人本人との間で問題になる可能性も考えられます。

    【まとめ】人探し掲示板の情報は確実性がありません
    中にはいたずらで嘘の情報を提供してきたり、あなたや探し人の個人情報を得るために近付いたりしてくる人もいないとは限りません。
    大勢の人が情報を閲覧・発信できるということは、それだけリスクも伴います。

    そこでおすすめなのが、探偵に人探しを依頼する方法です。
    探偵事務所ならきちんと個人情報を保護してくれるので、掲示板には書き込めなかった詳細な情報を伝えても大丈夫です。
    むしろ、相手の情報が少しでも多い方が発見につながります。
    知っている情報を全て活用した上で捜索ができるという点でも、探偵の方が確実と言えるでしょう。

    ↓↓タップして【相談無料の探偵事務所一覧】確実・安全な人探しの情報をみる確実・安心な人探し


    探し人が残したものから自力で探す

    探し人が部屋に残したものなどから手掛かりを得て自力で探す方法もあります。
    例えば・・・
    • パソコンの検索履歴た閲覧履歴
    • メールボックス
    • カレンダーやスケジュール帳
    • 洋服
    • 通牒や印鑑などの貴重品
    • 置手紙
    探し人のパソコンが残されている場合、そこから手掛かりが得られる可能性があります。
    検索履歴やメールから、ホテルや交通機関の予約をしていたか、誰と連絡を取っていたか、を確認してみましょう。
    また、計画的に行方をくらました場合は、洋服や通帳、印鑑をもっていっている可能性が高いでしょう。
    逆に、これらのものが残っている場合は、予期しない事件や事故に巻き込まれた可能性も考えられます。

    探し人が残したものがからは、重要な手掛かりが見つかることも多いので丁寧に確認しましょう。


    聞き込みの人探し方法

    聞き込みは、探し人が向かったと思われる場所で直接人に聞いて回る人探し方法です。

    聞き込みのメリット
    • 費用がかからない
    聞き込みのメリットは「費用がかからない」こと。
    いなくなってからそんなに時間がかかっておらず、行き先の目星がつく場合は聞き込みもひとつの手でしょう。

    聞き込みのデメリット
    • 時間がかかる
    • 体力的に大変
    • 有力な情報が得られる可能性は低い
    聞き込みは時間がかかる上に、外を歩き回つ必要があるので体力的にも大変です。
    そのうえ、不特定多数の人に聞き込みをしても有力な情報を得られる可能性は低いので、聞き込みの仕方を工夫するなどが必要でしょう。


    戸籍謄本や住民票、住民基本台帳を利用する人探し方法

    住民票など

    住民票は住所や転入日、届出日が記載されているものです。
    戸籍謄本とは、生年月日やどこで生まれたか、両親の氏名や兄弟姉妹の有無、死亡した時期などがわかるものです。
    この2つは配偶者(夫または妻)、直系尊属(父母または祖父母)、直系卑属(子または孫)しか取ることができないので、家族以外の請求が出来ません。
    あなたが探している人の家族であれば、役所での取得理由は「家族の生死確認」とすれば問題ないでしょう。
    個人情報が記載されている重要書類なので、なりすまし等の不正取得に対しては刑事罰に処せられるので、注意が必要です。

    また、住民基本台帳は、その閲覧条件についても厳しい制限がついています。
    閲覧可能な情報については、プライバシー保護の観点から住所・氏名など一部の情報に限られています

    閲覧についても、下記のとおり厳しい制限が設けられています。
    • 国・地方公共団体の機関が法令の定める事務遂行を目的とする場合
    • 統計調査や学術研究などの調査研究で、公益性の高い事業を実施する目的で閲覧する場合
    • 公共的団体が行う地域住民の福祉向上に寄与する活動などで、公益性の高い事業を実施する目的で閲覧する場合
    閲覧できないケースも、下記の通り制定されています。
    • 閲覧対象の市民を特定しない請求で、公益上必要と認められない場合
    • 正当な理由なく閲覧を申請した場合
    • DVやストーカー被害者から申出が提出されている場合は、閲覧台帳から除かれるため閲覧できません。
    閲覧には申請と審査が必要なので、閲覧を希望する日の30日〜1週間前に申出書と必要書類(誓約書、同意書、本人確認書類、閲覧目的確認資料、法人であれば法人登記簿など)を準備して閲覧可能かどうかの審査を受けるようにしましょう。

    戸籍謄本や住民票、住民基本台帳を利用するメリット
    • 住所やどこで生まれたのか等が調べられる
    探し人本人と家族であれば書類に取得自体はそこまで難しくなく、何かしらの情報を得ることができるでしょう。
    ところが、本人と家族関係が無ければ戸籍謄本や住民票などから情報は得られませんので、この方法は厳しいでしょう。

    戸籍謄本や住民票、住民基本台帳を利用するデメリット
    • 転居届等を出していない場合は現住所がわからない
    • 家族以外が閲覧することは難しい
    • 閲覧できるまでに数週間〜1ヶ月かかる
    閲覧には手間のかかる申請が必要なため、急いで見つけたい方には不向きな方法です。
    さらに、家族だったり、裁判で訴えるなど法的措置を取る場合でなければ、一個人的な理由での閲覧はほぼ不可能です。
    また、載っている情報が最新のものではないこともあります。

    【まとめ】人探しに戸籍謄本や住民票を使うのは難しいです
    閲覧の条件が厳しく時間もかかること、また、閲覧できたとしても記載されている情報が古く、探し人の現在に結び付かない可能性があることから、人探しには適していません。
    すぐにでも動き始めたい、より確実に相手に辿り着きたいという方には探偵の人探しがおすすめです。
    依頼は家族でなくても可能ですし、依頼したら即日対応してくれる探偵事務所もあります。
    相談すれば親身に話を聞いてくれるので、見つかる確率など不安に思うことも質問してみるといいでしょう。

    >>【相談無料の探偵事務所一覧】家族でなくてもできる人探しはこちらをクリック

    確実・安心な人探し



    チラシや新聞広告で人探しする方法

    チラシ

    チラシで探すことができる対象は家族、もしくは自分と深く関係する家出人や失踪人などです。
    それ以外の場合ですと、トラブルの原因となるので注意が必要です。
    また、あらかじめ警察に捜索願を出して、チラシ作成のアドバイスをもらうなど警察の協力を仰ぎましょう。

    基本的にチラシには以下のような情報を載せておくと良いでしょう。
    • 写真(顔写真と全身写真の2枚)
    • 家出人、失踪者の基本情報(氏名、性別、年齢、身長、体重、職業)
    • 身体的特徴(ほくろの場所やアザ、ちょっとした癖など)
    • 失踪した場所、最後に行方が目撃された場所
    • 本人の行動範囲やよく行く場所
    • 当時着ていた服装
    • 本人へのメッセージ
    • 警察受理番号
    • 連絡先
    連絡先は家族の固定電話や携帯電話、警察署の番号を載せておきます。
    ただし、警察署の電話番号については、警察署が情報提供の電話を受け付けていない場合もあるので、届け出の際に確認してから載せるようにして下さい。
    最近では、チラシの中にQRコードを載せておくなど工夫している人もいます。
    また、チラシのタイトルには「行方不明者の情報を求む!」とか、「○○(この人)を探しています」など、一見して何について書かれているかが分かるようなタイトルをつけておくのがおすすめです。

    チラシが作成できたら、チラシをどこで配布や掲示するのかを考える必要があります。
    配布する場所としては、警察や駅周辺、失踪者に縁のある地域が良いでしょう。
    警察署や最寄り駅の周辺、よく使っていると思われるスーパーやコンビニなど、人の出入りが多い場所でチラシの配布を行うことで、多くの人の目に触れる機会を作ることが大切です。

    チラシや新聞広告のメリット
    • すぐに実行できる
    • 人が多く立ち寄るコンビニやスーパーに貼らせてもらうことで、有力な情報が寄せられやすくなる
    チラシの場合は、地域が限られてくるため、比較的有力な情報が得られる可能性があります。
    チラシさえ作成できれば、すぐに実行に移せるのがメリットのひとつですね。

    チラシや新聞広告のデメリット
    • チラシ配布や聞き込みに費用と労力がかかる
    • 探している対象者のことをよく知っていないと難しい
    • 情報の真偽がわからない
    この方法においても、地元感のある方からの情報であれば多少は信頼できるかもしれませんが、目撃者から提供される情報の正確性はわかりません。
    また、賞金などを設定しない限り、情報提供がまったく出てこずに、手間とお金ばかりかかってしまう可能性もあります。

    【まとめ】チラシや聞き込みは手間と費用に見合わない方法です
    探している側としては、一刻も早く相手を見つけ出したいところです。
    しかし、チラシ作成には時間も手間もかかり、チラシを作成したとしても有力な情報が入ってくるという確証はありません。

    チラシで情報収集するよりも早く相手を探し出したいなら、探偵に依頼するべきです。
    上記で挙げたようなチラシに載せるべき情報の他にも、相手について知っていることは小さなことでも提供しましょう。
    それが発見につながることもありますし、失踪から依頼までが早ければ早いほど発見率も上がります。
    失踪期間が長いと、最悪の場合事件にも巻き込まれかねません。
    探し人の身の安全のためにも、まずは問い合わせて話をしてみることをおすすめします。


    ↓↓タップして【相談無料の探偵事務所一覧】確実・安全な人探しの情報をみる確実・安心な人探し


    確実で安全な人探しには「探偵」がおすすめ

    様々な人探し方法を紹介してきましたが、中でも一番安全で自身の負担がかからない人探し方法は「探偵」です。
    特に、身内ではない「お世話になった方」「初恋の人」「昔の友人」等他人の場合、調査を受けてくれるのは探偵のみです。
    家族でさえ事件性がないと考えられる場合は、警察に積極的に探してもらえる可能性は低いです。

    そんな場合は「探偵」を利用するのがおすすめ。
    探偵であれば、プロが効果的に調査を進めてくれるので、状況にもよりますが探し人を発見できる可能性も高くなってきます。




    【おすすめ】信頼できる人探し探偵社5社を紹介

    合法的な方法で、最も確実に早く・安く探している人を見つけるためには、探偵に頼むのが一番です。
    当サイトでは悪徳な探偵事務所を避けて、料金が適正価格で、調査実績も多く、安心して依頼できる探偵事務所を選んで掲載しています。
    料金や調査方法を知りたい方は、次にご紹介する情報をぜひ参考にしてみて下さい。

     

    原一探偵事務所

    ポイント

    見積もり金額以外の請求は一切なし!
    原一探偵事務所

    人探し専用フリーダイヤル:
    0120-72-0133

     

    原一探偵事務所は、信頼のおける探偵として46年も続いている事務所です。
    大手の人材力を活かし、日本全国の拠点をもとに独自のネットワークを駆使した迅速な捜査が特徴。合計10万件以上もの依頼を、成功まで導いてきました。
    料金は【基本料金+日数分の調査料】という明朗会計、経費や報告書代も込みだから安心です。しかも、見積もり以上の費用は一切かかりません。
    電話でなら24時間、いつでも親身になって相談に乗ってもらえますよ。

    調査料 基本料金40,000円+調査料金80,000円〜
    調査項目 浮気・素行・人探し・いたずら・嫌がらせ・盗聴機発見・ストーカー対策・その他調査
    相談料 無料

     

    管理人が原一探偵事務所を取材し、調査方法など人探しに関するお話を伺ってきました。

    >>原一探偵事務所の人探しについてはこちらをクリック!

     

    HAL探偵社

    ポイント

    嬉しい成果報酬・後払い制!
    HAL探偵社

    人探し専用フリーダイヤル:
    0120-164-018

     

    HAL探偵社は、全国ネットワークを駆使した調査で、解決を行ってくれる探偵社です!
    全国に拠点を持ち、地域性と人員を活かした迅速な調査で、あなたの探している人を見つけ出します。
    また、データ解析・ネット捜索に特化した調査員が情報収集にあたることで、発見率を高めます。
    専任カウンセラーがしっかり相談にのってくれるのも、おすすめポイントのひとつです。
    料金体系は成果報酬型です。

    調査料 見積もり無料・成果報酬型

    (※見積もり金額100,000円以下の依頼には対応していません)

    調査項目 浮気・不倫調査、家出・行方調査、結婚・企業・個人信用調査、GPS調査、盗聴器発見、ストーカー・嫌がらせ調査、その他
    相談料 無料

     

    総合探偵社フルスピード

    ポイント

    全額返金保証付き!
    総合探偵社フルスピード

     

    総合探偵社フルスピードは、行方不明者発見率80%、依頼人満足度95%という高い数字を誇る探偵社です。
    探偵業界に長く勤めているベテラン調査員が、豊富な経験と実績に基づき、調査をしてくれます。

     

    料金体系がシンプルかつとてもわかりやすい設定なので、安心して依頼することができます。
    もちろん、見積もりは無料。
    また、調査内容に不満があった場合、契約日から8日以内であれば、全額返金保証がついてくるというのも、他の探偵社にはないおすすめポイントのひとつです。

    調査料 見積もり無料・全額返金保証付き

    調査員1人あたり5,000円〜/1時間

    調査項目 人探し、浮気・不倫調査、素行調査、企業信用調査、盗聴調査、金銭トラブル、風俗・水商売トラブルなど
    相談料 無料

     

    ISM調査事務所

    ポイント

    首都圏での高い調査力!

    サイト画像

    ISM(イズム)調査事務所の特徴は、何といってもその調査力です。
    特に首都圏近辺【東京・千葉・埼玉・神奈川】での調査は、地理を隅々まで知り尽くしたからこそ実現できる、高い捜査力を誇っています。
    もちろん、全国対応も可能です。
    最初に提示する見積もり以上の金額は一切発生しないので、金額の中身をあらかじめしっかり確認できる明朗会計も魅力です。
    あなたの探し人のケースに合わせて、最適で最も安いプランを提示してくれますよ。
    また、カウンセラー資格を持つ所員が相談にのってくれるので安心ですね。

    調査費

    【所在確認の場合】基本料金18,000円〜
    【家出人探しの場合】基本料金30,000円〜+成功報酬0円〜

    調査項目 人探し・行方調査、浮気調査・素行調査、盗聴器・盗撮発見、法人調査(内部・外部)、その他調査
    相談料 無料

     

    探偵社FUJIリサーチ

    ポイント

    アフターフォローと丁寧な調査
    サイト画像

    探偵社FUJIリサーチは、創業7年ほどにしてすでに東京から西日本まで拠点を持つ、いま注目の探偵事務所です。
    1案件ごとの金額が10万円〜という料金設定で、見積もり以外の金額は頂かないのが特徴です。
    しっかりとした調査・報告の他、相談者の心のアフターケアなど、丁寧な対応が支持されています。

    調査費 1案件/100,000円〜
    調査項目 浮気・素行・人探し・いたずら・嫌がらせ・盗聴機発見・ストーカー対策・その他調査
    相談料 無料

     

    探偵を選ぶ3つのポイント

    日本国内には規模の大小を問わず、約5,000社以上の興信所・探偵事務所があり、年間で数百件の興信所・探偵事務所が新しく誕生しています。
    「本当に調査を行っているのか」という疑問があるような幽霊探偵事務所や、経費を別途で請求され、見積もりとかけ離れた金額になってしまうというような、悪徳探偵事務所も存在しているのが現状です。

     

    そこで、「依頼者にとって良い探偵事務所」を見極めるポイントについてまとめていきます。

     

    良い探偵事務所を見極めるポイント
    探偵業法の届け出がされているかどうか

    届出

    探偵業というのは、以前からトラブルが発生しやすかったため、現在は探偵業法による届け出が義務付けられています。
    そのため公安委員会に届け出を提出し、「探偵業届出証明書」を発行してもらう必要があります。
    これは営業所の見やすい位置に掲示しなければならないため、どこの探偵事務所に行っても、この証明書が掲示されているはずですし、きちんと事務所の実態があることの証明にもなります。
    これがあるかどうかを確認することで、優良な事務所かどうかチェックすることができます。

     

    調査料金などの詳細を教えてもらえるかどうか

    料金

    探偵に調査を依頼する際にありがちなのが、料金に関するトラブルです。
    よくあるのは、大まかな調査料金だけ伝え、具体的な調査期間や交通手段、機材、経費に関すること、実際の調査内容に関する詳細は一切伝えないことです。
    これだと、実際の調査で発生する料金の詳細や調査内容が全く分からないので、後で調査料金を水増しされるなど、トラブルの原因となります。

     

    良心的な事務所だと、きちんとこのような詳細も教えてもらえるので、きちんと確かめることが必要です。

     

    契約内容が適正かどうか

    適正

    見積もり内容に納得して調査を依頼すると、委任契約書・重要事項説明書の説明があります。
    一番大切なのは、以下の内容が明記されているかどうかです。
    ・調査期間(○月○日から合計○週間など)
    ・調査時間(1日○時間以上など)
    ・調査員の人数(○人の調査員で)

     

    これを確認しておかないと、1日にほんの少ししか調査していない日があっても調査したと主張されてしまうので、疑問に思った点は契約前にしっかりと確認しておくことが大切です。

     

     

     

    最後に:どうしても探し出したい人がいるというあなたへ

    人探しは探偵へ

    当サイトをご覧頂いている方の中には、突然人探しをせざるを得ない状況になったという方もいるでしょう。
    また、自分でできる範囲の人探しは既に色々されて来られた方もいらっしゃるかもしれません。

     

    どんな方にも言えることは、自力でやる人探しには金銭的・時間的・法律的にやれることに限界があるということです。

     

    早く見つけないと対象者が何らかの事故や犯罪に巻き込まるという可能性も考えられます。
    その上、あなた自身が法を犯す可能性もあることを忘れてはいけません。

     

    迅速で安全に見つけ出す手段として、探偵に依頼するという方法が確実と言えます。
    人探しの方法の一つに、必要最小限の費用で確実に人探しをしてくれる、探偵に頼むという選択肢があることを覚えておいてください。

     

    もし今現在、人探しに行き詰まっているのでしたら、一度、無料相談を利用してみてはいかがでしょうか?
    電話やメールで24時間受け付けてくれますよ。

     

    当サイトでは、これからも人探しの方法を幅広く発信していきます。
    ご自分の判断で、ご自分に合った人探しの方法を見つけて下さい。
    あなたの探し人が、少しでも早く見つかるお手伝いができれば幸いです。

     

    このページの先頭へ戻る