チラシ配りや近所への聞き込みでの人探し方法・ポイント

チラシ配りや近所への聞き込みでの人探し方法・ポイント

人探しをする際には、相手が住んでいたとされる住所の近所の方への聞き込みという方法が挙げられます。
ここでは、人探しをする際の聞き込みやチラシを作るポイント・方法についてお伝えしていきましょう。

 

聞き込み調査のポイントと方法について

 

ポイントとしては、相手のデータとなる写真や名前、姿や特徴などについて、落ち着いて分りやすく述べる事です。
その際に注意すべき点としては、ドアをドンドンとしつこく叩いたり、インターホンを何度も押して相手に迷惑がられないような配慮が必要です。
また、近所の方がドアに出た際には、礼儀正しく挨拶して、自然な笑顔で接する事も大切です。

 

感じ良く接していれば相手も警戒心を解き、有力な情報を得られる可能性があります。
但し、近所の方も毎日暇とは限りませんので、
もしも相手に関する有力な情報が得られた際には、きちんと御礼を伝える事が大切です。

 

チラシを作る際のポイントと方法について

 

聞き込みと同時に行いたい人探し方法として、「チラシを作り、周りに聞き込みをする事」が挙げられます。
チラシから有力情報を得て、少しでも早い発見に繋げるポイントは、

  • 広範囲に渡って人々に呼びかける事
  • 多くの人が行き交うスーパーやコンビ二など人目につきやすい貼らせて貰うこと

この2つになります。
また、チラシを作る際には新聞広告やインターネットからも相手を探す事が可能です。

 

チラシを作る

 

行方不明になった相手のチラシを作る際には、警察に捜索願いを提出した後が適切です。
また、チラシの作成方法は警察からの指導を基本に作成するという形になります。
チラシを貼る場所は、捜索願いを提出した後、警察と家族が話し合いの上、本人の行動範囲やよく行く場所などを掲載内容としてチラシを作成して貼り出します。
サイズは、A4サイズで顔と全身入りで写真が2枚と約1000枚くらいが適切な量です。

 

新聞広告

 

チラシの他には、新聞広告に掲載するという方法があります。
新聞は、全国で約9割ほど自宅に届ける定期購読における形態ですので、多くの世帯の方に目を通して貰える為、早期発見に繋がる可能性もあります。

 

少しでも早い発見のためには、さらに効率を考え、プロの探偵にお任せするのが最善です。

人探しおすすめ


このページの先頭へ戻る