【人探し】生き別れの母親・家族を探す方法│戸籍で探せる?探偵に依頼?

【人探し】生き別れの母親・家族を探す方法│戸籍で探せる?探偵に依頼?

生き別れの親

離婚などさまざまな事情で、家族でありながら別々に暮らさざるを得ない方々がいます。
「小さい時に施設に預けられたため両親の顔を知らない」、「遺産相続の話が上がったが兄弟や姉妹が長年音信不通」、「離婚でどちらかの親に引き取られたため会っていない兄弟」など、生き別れの種類は様々です。
そして自分がある程度大人になった、あるいは物心がついた時に生き別れになった両親や兄弟に再会したい場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか。
その方法を紹介します。

 

 

家族の情報を少しでも多く収集しよう!

生き別れになった母親や家族を探す方法は、

  1. 知っている情報をもとに自分で探す
  2. 探偵事務所に依頼をする

という2種類が主な方法です。

 

自力で探し出すのは難しい

自分で探す場合は自分が知っている情報を手がかりに、あるいは戸籍を取り寄せて自分からいろいろと行動するという手段になります。
しかし、自分ひとりで調べるのは手間と時間がかかります。
探す張本人が社会人の場合、仕事など日々の生活があるため、人探しのために時間を費やすことは困難を極めます。

 

探偵が人探しをしてくれます

その点、人探しや調査のプロである探偵事務所に依頼をすれば、自分が日常生活を送っている間に自分の代わりに家族探しを担当してくれます。
探偵事務所に家族探しを依頼する場合、ある程度生き別れになった家族の情報提供をする必要があります。
家族の戸籍上の氏名、出身地、手元にある過去の写真などが探偵にとっては捜索の手がかりになり、スムーズな調査を行うことができます。

 

しかし、家族と生き別れになったのが自分が幼少の頃、特に物心がつく前だと記憶があいまいで詳しい情報提供をすることが難しい場合があります。
そんな時は、当時住んでいた住所や通っていた学校などを過去の写真や住民票などから思い出し、探偵事務所に提出しておくとよいでしょう。
少しでも当時の情報がわかればそれが調査の材料となるので、全く情報がないよりも調査の成功率が上がります。

 

自分が未成年の場合、探偵に家族探しは依頼できる?

自分が20歳未満の未成年である場合、探偵に家族探しを依頼することは原則的に不可能となっています。
人探しに限らず、探偵事務所を利用するのは法律行為とされており、民法には「未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない」という一節があります。
よって、自分が成人(20歳以上)にならなければ、単独で探偵へ依頼をすることができません。

 

成人の代理人が必要

それでも、自分が未成年の間に家族探しをしたい場合は、民法にある通り「法定代理人の同意」を得た場合に限り依頼をすることが可能です。
つまり、自分以外の身近な大人が代理人となって依頼をすれば、自分が未成年でも家族探しの依頼をすることができます。
条件は、その代理人である大人が安定した収入を持ち、依頼の契約をした際にきちんと依頼料の支払いができる社会人であるかという点です。
その代理人が代理人としての役割をしっかりとこなすことができれば、依頼は成立します。
自分が未成年の場合は、そのような代理人をやってくれる大人を見つけなくてはいけません。

 

探している家族に、調査されていることはバレる?

探偵に家族探しを依頼した場合、その探偵が依頼人と生き別れになった家族の仲介人となって、お互いにお互いの近況などを報告することになります。
しかしそれは調査が終盤に入った段階であり、まず探偵は家族の身辺調査から始めることになります。
家族の生存確認および所在地の確認をした場合、その家族に探偵の存在を知られることはありません。
探偵も調査のプロで秘密厳守なので、所在確認の段階ではまだ自身の存在がバレることなく、あるいは自らの存在を家族に名乗り出ることなく動きます。

 

すぐに依頼人のことを教えない理由

所在確認の段階で、家族に生き別れた依頼人の存在を教えないのは理由があります。
家族の生き別れや再会は、非常にデリケートな問題です。
同じ家族だった人が生き別れになるということは、何かしらの複雑な理由を抱えているものです。
そこへ何十年も経ってから、唐突に探偵が代理人として家族の元へ出向き、依頼人が会いたがっていると伝えた場合、びっくりされて会うことを拒絶されてしまうケースに陥ります。

 

また何十年も生き別れてそれぞれ別々に過ごしてきているので、家族はまた別の新しい家族を形成し、当時とは違う人生を歩んでいるというパターンもあります。
その場合、昔の家族が訪れると今の家族に迷惑がかかるのでは、と家族は困惑します。

 

もうひとつ、家族側が依頼人にひどいことをしたと負い目を感じているというパターンもあります。
何十年も音信不通で我が子に会う資格がないと、自らを追い詰めているというケースです。

 

よって、探偵はデリケートな問題を慎重に扱い調査を進め、かつての家族の再会を実現するためにプロの仕事をこなすのです。

 

まとめ:探偵に依頼するときは、まず見積もりを!

生き別れの母親・家族に会いたくても居場所がわからない場合、探偵に依頼をすればプロのノウハウで調査をこなしてくれるのでおすすめです。
そして探偵が第三者として仲介人になってくれれば、家族の生き別れというデリケートな問題も軽減され、より再会がスムーズに行えるというメリットがあります。
初めて探偵事務所に依頼する場合は、まず見積もりを出してもらいどれくらいの費用がかかるか教えてもらいましょう。
今では無料で相談・見積もりをしてくれる事務所も多数あります。

人探しおすすめ


このページの先頭へ戻る