人探しに住民票や戸籍附票などを利用する際の知識

ここでは、住民票や戸籍附票、住民基本台帳、戸籍謄本といった書類を人探しに利用する際の知識や注意事項をまとめています。

人探しおすすめ


人探しに住民票などを利用する際の注意点記事一覧

【人探し方法】戸籍附票で人探しはできる?

人を探しているとき、いろいろな方法で探すことになると思います。実際に人探しの方法はたくさんありますから、どんな方法で探すと早く見つかるのか…考えながら進めていくことになるでしょう。その中で、戸籍附票を使って探す方法についてご紹介していきます。戸籍の附票とは?戸籍の附票とはそもそもどのようなものなのかというと、今までの移転履歴を記載したものです。その人の本籍地でのみ申請して発行してもらうことができます。今まで引っ越しを何度も繰り返してきた人は、それらの情報が全て載っていると思ってください。住民票とは?住民票で住所はチェックできますが、記載されているのは最大でも3つの住所まで。生まれてからずっと同...
続きはコチラ

戸籍謄本・住民票・住民基本台帳のそれぞれの違い・閲覧方法・条件

ご自分の身内を探す際などに、住民票等を利用する方もいらっしゃると思います。その際に、戸籍謄本・住民票・住民基本台帳のそれぞれの違いを理解しておくことは大切です。ここでは、それについて詳細に説明していきます。住民基本台帳とは?住民基本台帳法において、下記のように定められています。市町村長もしくは特別区の区長が住民の利便性と行政の合理化を図る目的で作成された、住民に関する記録を正しくかつ統一的に行うことを目的に作成された台帳のことをいいます。住民基本台帳には、以下のような情報が載っています。住所氏名性別生年月日世帯主との続柄戸籍の表示住民となった年月日国民健康保険介護保険国民年金児童手当住民票コー...
続きはコチラ

マイナンバー制度導入後の住民票・住民基本台帳等の閲覧方法

2016年1月から、日本でもマイナンバー制度が始まりました。マイナンバー制度が導入されることで、戸籍謄本・住民票・住民基本台帳などの閲覧方法に変化があるのかどうかについて、「マイナンバー制度とは何か」という点を含めて説明していきます。マイナンバー制度とは?簡潔にまとめると、「全ての国民に対して、個別に重複しない番号を割り当てて、個人を識別した上で個人情報を管理しやすくする制度」のことす。前述したように、日本では2016年1月からの導入にともなって、2015年10月5日より各戸別に書留郵便にて通知カードが郵送されています。これは、各市区町村より住民票の住所に送られるため、学生などで住民票上の住所...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る